人は「この人と一緒にいると、とても自由に振る舞える」と思えたとき、愛を実感することができます。劣等感を抱くでもなく、優越性を誇示する必要にも駆られず、平穏な、きわめて自然な状態でいられる。ほんとうの愛とは、そういうことです。

嫌われる勇気 / 岸見 一郎

(Source: ebook-q, via haxxnx)

319 notes

サクランボを舌でころがしている時や、死神に胴体をブッた切られた時、暑さで頭がおかしくなった時などにも使える便利なスタンプとなっています。

ゴゴゴゴゴゴ:【速報】ウソだろ承太郎 LINE公式スタンプに「ジョジョ 第3部」登場  - ねとらぼ

6 notes

昨日同居人に「Railsって論理削除ないの?w」って聞かれたときに、これNoって言ったらゲームだと好感度下がるやつだよなあ と思ってYesにしたら急に笑顔になってたので、恋愛ゲームちょっとやっといて良かった

Twitter / r7kamura

7 notes

自治体がIngressの活用に動き出すのは全国で初めて。

ニュース - 岩手県がスマホ位置ゲー「Ingress」を観光振興などに活用:ITpro

1 note

5,537 notes

夜中のテンションで変な下ネタ書かないように気を付けるよ三角木馬

焼肉行きたい(いつも)|ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」Powered by Ameba

1 note

イングレスは、自分で動いて、ポータルを奪いに行くだけで、ああ、この街にはこんなものがあったのか、と、新鮮な発見があります。今までいかに自分が、自分の住んでいるところを知らなかったか、思い知らされます。変な言い方ですがとても教育的だと思う。そして、色々知れば知るほど、自分の身の回りに愛着が湧いてきます。
違う街に行けば、誰かが登録したポータルを回るだけで街の名所が散策できます。
世界中が舞台だし、青組か緑組かが問題なので、仲間と交信したり協力する中で、世代とか民族とか文化とか宗教を超えたつながりが生まれたりします。
中東では、クリスチャンとムスリムが協力して国を超えて巨大フィールドを作って人々を感動させたり。先日行われたシアトルのイベントでは、「イングレスのおかげで糖尿病が治った」というおばあちゃんが、刺青だらけの若者とハグしたり。イベントに参加すると、みんなすごく楽しそうなんです。今までに体験したことのないようなつながりができたと。

mask303 blog: Niantic Labs に移籍しました。

13 notes

ちなみにNiantic Labsに決めた理由は、中のメンツがすごい、というだけではありません。Googleはわりとテクノロジーが先で、新しいからおもしろいからやってみる、というところがあり、例えばGoogle Glassもそうです。それが人類を幸せにするかどうかは、また後で考えようみたいな感じで、それはそれで好きです。
Nianticは、人を幸せにするにはどうしたらよいか、という所が出発点になっています。Googleでは自分のミッションを3つの単語で示して社内データベースに載せる、ということをやっているのですが、Niantic Labsを始めた John Hanke のは ”Adventures on foot” なんですね。彼との面接でも「自分の周りに何があるのかをもっとよく知る。自分の足で歩いて、自分の目で発見する。自分の身の周りを幸せにする。それが世界中で起これば、世界はよくなる」と。
家から一歩も出なくても、世界のあちこちが見えるGoogle Earthやストリートビューを作った末に、行き着いたのが「Adventures on foot」なのが面白い。

mask303 blog: Niantic Labs に移籍しました。

3 notes

外に出て、動くことの重要性。思想家の東浩紀さんは著書「弱いつながり」で、ネットワーク理論で有名な“弱い絆”(ノイズに満ちたもの)をピックアップし、ネットは同じ考えの人の繋がり(強い絆)を強化するメディアで、現在はノイズを排除する技法(ブロック・ミュートなど)が発達してるから、「リアルでノイズをいれること」をあらためて推奨している。その手段の1つが観光だ。移動時間もネットでは経験できないが、そういう体感が「前から知っていた見方」を変化させる。

Google発、世界規模の陣取り合戦:“Ingress紳士”に夜の国立競技場前で出会った話 世界最高レベルのエージェントに聞くその極意 (3/3) - ねとらぼ

5 notes

多くの場合は、自国のNICや代理店経由でこうした売買(正確には期限付きだが)を行っているが、ツバルではdotTV社に恒久的登録管理権を売り渡してしまっている。

このようなccTLDの意味の希薄化は、gTLDとの差別化という観点や過度の商業的利用という観点からは、批判もあり得るかもしれない。だが一方で、ツバルは人口1万人程度の小さな島国で、大きな産業もないと聞く。もともとccTLDなどというものは、意外に大きなお荷物だったのかもしれない。そして売却益は自国の経済を潤わせ、これを元手に昨年国連加盟を果たした。インターネットから最も縁遠い(と思われる)人々が、最も価値のある形でインターネットの恩恵をつかめたのだとしたら、何やら痛快な話ではある。

DNSの仕組みと運用(2):インターネットを支えるDNS (1/3) - @IT

4 notes

協調性があり、わがままを言わない、自分に厳しく、将来設計がしっかり出来ていて、マイペースではなく優しくて今どき珍しく一途で理想的なB型男性

キリショーのプロフィール|Ameba (アメーバ)

4 notes

ちなみにこのFine.と言う漫画について初めて知った経緯について。ぼくには芸大(東京じゃないよ)を出た兄と、自営業で彫刻の職人をしている父がいるのだが、その兄が勤め先を辞めてアルバイトをしながら絵を描きはじめたタイミングで、父がこのFine.と言う漫画を無言で兄に差し出した、ということがあった。

なかなか大人になれねーや… - Beating the Averages(just like me)

3 notes

大人げないのはひたすら疲れる。

なかなか大人になれねーや… - Beating the Averages(just like me)

10 notes

「バレンタインにチョコ作る人の気持ちを考えたら、アクセス過多でレシピにアクセスできないなんてありえない。その女子の人生がかかっているかもしれない」と胸アツなコメントをした成田氏

ASCII.jp:人気レシピを食べながらクックパッドのAWS導入の話を聞いた

(via hmsk)

11 notes