10年以上前のことですが、Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏に取材したときに、「自分の子供にはプログラミングを教えていない」とおっしゃっていたと記憶しています。無理にやらせても好きになるわけではない、ということでしょう。親に押し付けられたものを子供が嫌がるのは、むしろ健全な反応です。

(5/5)記者の眼 - プログラミングが楽しいと思えないのは悪いことなのか:ITpro

11 notes

その半面、本を読むのは大好きでした。指定図書になるような「ためになる本」ばかりを読んでいたわけでありません。むしろ「ウルトラ怪獣図鑑」といった類の本のほうが多かったと思います。私の父親は、そうした本でもどんどん買ってくれました。本の内容よりも、本を好きになること自体のほうが大切だと思っていたのでしょう。

(3/5)記者の眼 - プログラミングが楽しいと思えないのは悪いことなのか:ITpro

10 notes

小学生の頃は、今よりももっと文章を書くのが苦手でした。特に苦にしていたのが、読書感想文と詩です。小学校の国語の授業で詩を作らなければならなかったとき、書けなくて放課後まで残されたけれど、結局書けなかった、という記憶があります。今にしてみれば「大人に媚びるような気持ち悪いポエムなんて書けなくて当たり前」と思いますが、当時はただつらいだけでした。

(3/5)記者の眼 - プログラミングが楽しいと思えないのは悪いことなのか:ITpro

17 notes

大田区は、約4,000社といわれる製造業が集積するモノづくりの力だけでなく、都内で最も多い147の商店街が存在する商業の力、さらに羽田空港国際化や2020年東京五輪誘致などに伴い観光産業も盛り上がりを見せています。起業家にとって様々なアイデアを実現するために必要な資源が豊富に存在する魅力的な都市です。

大田区ホームページ:目指せ起業家! 優れた事業計画書を募集第6回大田区ビジネスプランコンテスト

0 notes

大田区は、約4,000社といわれる製造業が集積するモノづくりの力だけでなく、都内で最も多い147の商店街が存在する商業の力、さらに羽田空港国際化や2020年東京五輪誘致などに伴い観光産業も盛り上がりを見せています。起業家にとって様々なアイデアを実現するために必要な資源が豊富に存在する魅力的な都市です。

大田区ホームページ:目指せ起業家! 優れた事業計画書を募集第6回大田区ビジネスプランコンテスト

2 notes

統計のテストなのに1回のテストで単位決めるとか、標本の大きさが足りないだろ

Twitter / hane_283_283

449 notes

みうらじゅんさんが提唱している、比較三原則(過去の自分・親・友達の3つと今の自分を比較してはいけない。ここと比較をしないと生きるのがすごく楽になる。)

ピエール瀧が語る いつも自然体でいる秘訣

(Source: 13py2, via kimihito)

2,490 notes

なんだか、やっぱ地元良さあるし、外の世界に出てっても自分のルーツはここにあって、いずれはここに帰ってきて相も変わらず神輿担いでるのかなって妄想をしてしまった。

地元 - 俺は豚だ

0 notes

文庫というスタイルが最初に登場したのは1914年の新潮文庫。
なんと今年でちょうど百周年。
一世紀もの長きにわたり生き続けているメディアなのです。

いつもポケットに文庫本を。書を持って、街に出よう! : 【これまじ!】これ買ってまじ良かったよ!!

23 notes

マイクロサービスという用語は、SOAの焼き直しのように見えます。また、それを構成するとされている要素についても、目新しいものはありません。私は、だからこそ、マイクロサービスという用語が、自分たちの開発スタイルやアーキテクチャを自然に表現するものとして気に入っています。今後、自分たちのアーキテクチャを紹介するときには、SOAという用語を違和感を持ちながらつかうのではなく、マイクロサービスという用語を使いたいとおもいます。

マイクロサービス(microservices)とは何か — recompile.net

0 notes

私個人としては、マイクロサービスという用語は、モノリシックなアーキテクチャを採用して成長してきたウェブ企業がその問題に対応していくなかで、自然と培ってきたテクニックやスタイルに名前がついたものとしてとらえています。

マイクロサービス(microservices)とは何か — recompile.net

0 notes

はてなブログ初の試みとして、お寿司が廻ります。

お寿司が廻る! 公式デザインテーマ「寿司ゆき」を公開しました - はてなブログ開発ブログ

4 notes